タミヤ35/1トヨタ【フェートンAB型】を汚す!いざウェザリング

ウェザリングしたフェートン

前回組み上げたタミヤのMMシリーズ、トヨタのフェートンAB型をウェザリングです!

たぶんこれが一番楽しいよね~

ぷらもの組み立ても楽しいけど、塗装も楽しいけど、僕はウェザリングが一番楽しいと思います。

今回はクレオスのウェザリングカラーを主に使って汚していきますよー。

 

前回の組み立ての記事はこちらでーす。

クレオスのウェザリングカラーでピンウォッシュ

昔にガンプラを作っていたころ、ウェザリングに挑戦してみたけど思うように上手く行きませんでした。

泥汚れとか砂埃とかで陸戦型ジムを汚したかったんだけど、なんか違うのです。

当時はエナメル塗料やパステルを粉にしてやってみたんですが、

 

「う~ん…」

 

でもエナメルでのウォッシングは結構かっこよくキマッタ覚えがあります。

と、まあ、ほぼほぼウェザリングは素人ですがジオラマを制作するにあたってウェザリングのウデは上げていきたい所です。

超心配性の僕は上手くできるか心臓バクバクでしたが、プラモからしばし離れている間に素晴らしいアイテムが開発されていました。

その名も「ウェザリングカラー」

 

はい、名前そのまま!

ウェザリングの為の塗料です。

クレオスのウェザリングカラー

土や埃、水垢やサビなど、色んな汚れに対応できる種類が販売されています。

墨入れにも使えますし、陰影をつけたりアイディア次第でプラモが綺麗に汚れるのです!

 

 

クレオスのウェザリングカラーフィルタリキッド

こちらは、ウェザリングカラーの「フィルタリキッド」

フィルタリング塗装ができます。

フィルタリングすれば、塗り分けられた塗装に一体感が生まれるんですよ。

また、結構奇抜な色ですが薄ーく使用するので、いい具合になってくれます。

奥まった箇所の影の表現にも重宝するそうな。

 

こんな感じに、全種類ではないですが10種類買いこんでしまいました。

※写真にはないですが、その後「ラストオレンジ」という色も買い足しました。

 

では、これらウェザリングカラーを使ってどんな感じなるか!

まずは、ウェザリングカラー「グラウンドブラウン」で奥まった箇所にシャドーを入れる感じでやってみました。

そして、フィルタリキッドの青色「シャドーブルー」で影の雰囲気をプラス。

ウェザリングしたフェートン

作業画像ないのでいきなりこんな画像ですが、素人なりにやってみました。

ウエザリングカラーの瓶の下に沈殿している塗料だけをちょこっと取り出して、それを専用溶剤で薄めて奥まったところにトントントンと置いていく感じ。

そして、溶剤を含ました筆でボカしていきます。

キッチンペーパーで溶剤の含み量を調節しながらやるとやりやすいです。

 

ウェザリングしたフェートン

はい、こんな感じ。

悪くない!

リアルな汚れかどうか言ったら、そうじゃないかもしれないけど、カッコイイ!よね?

 

ウェザリング前はこれ

タミヤのプラモデル、トヨタフェートンAB型

 

ウェザリング後は、

ウェザリングしたフェートン

ウェザリングカラー載せて、溶剤でボカシての繰り返しでした。

一応下地は半光沢のつもりでしたが、結構つや消し状態でした。そのためか、溶剤でボカシても結構塗料が残って拭き取れなかったです。

ウェザリングカラーを塗るときは、つや有り半光沢にしっかりコートしてからがやりやすいと思う!

 

内装も白っぽい埃汚れを表現してみた。

ウェザリングしたフェートン

ちょっとイメージと違ったかな。

写ってないですが、リアのシートが汚れすぎました。

前列はいい具合です。

ウェザリングカラーはかなり薄めても乾くと色がしっかり現れます

 

ちなみに、ウェザリングカラー以外は乗り降りのステップ部分にエナメルのメタルカラーでドライブラシしています。

乗り降り時に踏まれる箇所なので、下地の金属が見えてきたのを表現してみました。

でもキラキラすぎます。

ジオラマの作成の途中で土埃をプラスしていく予定。

 

ウェザリングしたフェートン

お尻からのアングル。

 

曇ったフロントガラスの表現

ウェザリングしたフェートン

フロントガラスが白く曇った汚れを表現しました。

これはウェザリングカラーの「マルチグレー」を極薄くして塗って溶剤でボカシました。

 

ウェザリングしたフェートン

「うん!これは結構いい感じじゃないですか?」

自分なりに満足!

 

ウェザリングしたフェートン

ウェザリングカラーはエナメルよりもプラスチックを侵す恐れが少ないです。

冒す可能性は0ではないようですが、まず大丈夫のよう。

乾燥が早く、乾燥後は溶剤でも塗料が落ちないので部分的にウェザリングを進めていった方がいいですよー。

 

足元の剥がれた錆(サビ)表現

ウェザリングしたフェートン

ウェザリングの花形!(僕が勝手にそう思ってるだけ 汗)

錆(サビ)の表現です!

錆かたにも色々ありますが、今回の錆は車のボディーの足元部分の塗料が剥がれて下地が錆びてるのを再現しました。

 

ウェザリングしたフェートン

写真わかりますでしょうか?

タイヤの横辺り、茶色くなってますよね。

デザインナイフでクッと軽めくって、その下にエナメルの「ハルレッド」を塗ってます。

 

ウェザリングしたフェートン

この手法「ダイレクトカット」は、情景師アラーキーさんから学びました!

いや、アラーキーさんの本で学びました。

 

情景師アラーキーの本、超リアルなジオラマ

引用:超リアルなジオラマ:P72

これ簡単にできて、リアルな錆表現ができるのでお勧めな手法ですよー!

 

てな感じで、フェートンをウェザリングしてみました。

とりあえずはここまでしておいて、つぎはジオラマのベースや建物などを作成していきます。

その後にジオラマの情景に合わせたウェザリングを更にしていく予定!

地面に使ったのと同じ泥汚れとか砂ぼこりとかですね。

トヨタフェートンのジオラマ

作成中のジオラマをチラ見。

ではでは!

タイトルとURLをコピーしました