あらすじ、感想、ネタバレ 漫画

【ACCA13区監察課】5巻 第28話の感想、ネタバレあり 何かもっている!課長の実力!

2017/04/09

ACCA13区監察課5巻表紙 リーリウム

引用:http://acca-anime.com/comics/img/comic_05.jpg

シュヴァーン王子の悪巧みにより、第1王女から命を狙われているロッタ。

おかっぱ君が頼りだけど大丈夫だろうか。

それをまだ知らないジーンは次の視察地へ行く。

26話~27話はこちら→ACCA13区監察課漫画 第26話~27話の感想、考察、ネタバレもあり

 

ACCA13区監察課見逃し配信、無料で見るならこちら→ACCA13区監察課 見逃した人は、「Hulu」「U-NEXT」で無料で見れる!

スポンサーリンク

第28話 バードンで、姫君と騎士と紳士

ハット

マンションまでやってきた暗殺者がセキュリティー引っ掛かった。

すぐそこまで来ている、セキリュティーに引っ掛かったからパトカーも来るはずだが、この時間帯は道が混んでいる。

そこで おかっぱ君は知り合いにバイクでの助けを呼んだ。 (おかっぱ君が裏で悪さしている知り合いです・・・)

追われる理由もわからず、不安がるロッタ

「・・・必ずボクが君を守ってみせるよ」(あれ?おかっぱ君がカッコいいぞ)

セキュリティーのベルによりざわついている人混みに紛れて外に出てきた。

おかっぱ君が呼んだ知り合いが既にバイクで待機していた、そこへパトカーも到着。

パトカーの警察官はバイクの運転手を見て「あいつたしか指名手配中の・・・」

(バイクの男は逃げていきました・・・(汗) おかっぱ君の日頃の行いが悪いから・・・(笑))

2人はついに捕まってしまい、車に乗せられ、そしてロッタは自分が王家の血を引いていることを知らされる。

ACCA13区監察課5巻118,119ページ

出典:ACCA13区監察課5巻118,119ページより

・・・

渋滞にパトカーの出動も相まって車が動かない、そこに「人ごみに酔ってしまって・・・」と車に寄りかかる男性が。

オウル課長だ。 たまたまなのか、知っていたのか分からないが、暗殺者のカフスにあるドーワー家の紋章を見て察したオウル課長は、自分はACCA本部監察課だと述べ、言葉巧みにロッタを奪い返したのだ。(いつも、おかっぱ君の行く先にオウル課長ありです。課長に敵わないおかっぱ君)

ACCA13区監察課5巻121ページ

出典:ACCA13区監察課5巻121ページより

オウル課長はロッタを食事に誘いに来たところで、おかっぱ君も誘い食事に行くことになった、監察課の部下たちも合流する予定だ。(こんなことがあったのに今から食事行くって・・・)

ロッタはおかっぱ君に、あの事は誰にも言わないでと秘密にした。

「ロッタちゃんと秘密ごと持っちゃったーっ」(おかっぱ君が最近のなごみシーンです)

ドーワー家の使者が街中で不可解な行動をしていたと、モーヴ本部長へも報告が入っていた。

モーヴ「オータス家が王族の血筋であることを今頃になりドーワー家が知ったということか」

この噂は半年前から全区に流れていた、間違いなくクーデター派が各区の上層部の耳に届くように。

そして明後日、臨時の5長官会議が予定されている。

スポンサーリンク

グロッシュラーは1枚の紙を見つめ、不安そうな面持ちである。

「思惑通り いかなければ どうするのか・・・」 (グロッシュラー動かしている裏の人物は何者なのか、それがクーデター派のは間違いない)

ACCA13区監察課5巻129ページ

出典:ACCA13区監察課5巻129ページより

ジーンのペシ区の視察は無事終了、そしてジーンへイチゴやお菓子の詰め合わせが贈られていた。(ペシ区はジーンの母親である第2王女の2度の死に関わっており、取り入れられたくて必死なんだろうか)

ラスベガスのネオン

次の視察先はヤッカラ区

駐在員リーダの中では担当したい区ナンバーワンだそうだ。

ヤッカラの男性はロクデナシだけど どこかいい、男の生き様を見せつけられてる気がして憧れるようだ。

ヤッカラ支部駐在員リーダー、ファルコ。 支部への道のりが2ルートあると、コイントスで決める。 カジノ等で繫栄している、ヤッカラ区はそんな区のようだ。

ファルコは、ジーンの「皆染まってるねー」との言葉に、

「個性が強ければ強いほど 染まざるをえない」

「それがこの国でしょ」「13の個性と尊重」

「それがこの国の良さだ」

ACCA13区監察課5巻134ページ

出典:ACCA13区監察課5巻134ページより

感想

ロッタは無事助かりましたが、オウル課長は前から気になっていたけど、やっぱり只者ではない感じですねー。

大家さんがオウル課長、つまりアーベントという線もあるかもです。 ジーンを自分の目の届くとこに置いておきたい、だから異動願いも自分のところで止めていた。

こちらもご覧ください→オウル課長があの人では!?伏線と考察をしてみた 

それからいま気づいたのでここで書きます。 第20話~21話で書かれていたニーノとジーンが国王とケーキ屋で一緒になる話ですが、実はその時チョコ好きのニーノはリンゴケーキがうまいと誘っているんですね、これは後に語られる、アーベントに頼まれニーノと父親が同行する話の伏線となっていました。 実はニーノは出発前にリンゴケーキを食べさせてもらっているんです。

そしてなぜあの時やけに黒ずくめだったか、ケーキ屋の主人が苦手だと顔を隠していたかが繋がりました。国王から顔を隠していたんじゃなかったと思います。 そこのケーキ屋で父親とケーキを食べていて自分の顔を知っているからで、苦手ってのはそういうことだったんですね。

それからニーノはジーンをそのケーキ屋に誘う時、明日の15時にと誘導しているんです、これは国王とジーンを会わせるためだったんじゃないかと思います。 そして孫とお茶をする国王の写真を撮り、送りたかった。

ACCA13区監察課、もう終盤に近付いてきています、ビッグガンガンではもう最終話が語られました。 12月からは番外編の連載がスタートするようです。

単行本の方は6巻が最終巻で12月24日に販売されます。

僕は単行本で読んでいるので待ちきれないです!

NEXT→5巻 第29~30話の感想、ネタバレあり 判明!グロッシュラーを動かしていたのはあいつだった!

スポンサーリンク

-あらすじ、感想、ネタバレ, 漫画