アニメ「ACCA13区監察課」第12話最終話「鳥の行方」感想とまとめ

ACCA13区監察課 オウル
ACCAライター

引用:http://acca-anime.com/story/episode.php#12

第12話「鳥の行方」

ACCA設立100周年の式典がいよいよとなり、同時にクーデターもである。

ドーワー家からは、体調不良でお倒れになった国王に代わり次期国王であるシュヴァーン王子が来られました。

何も知らないシュヴァーン王子、裏では着々とクーデターに向けて準備が進み、式典前日の会議のみとせまった。

はたしてクーデターは成るのか、ジーンが次期国王と成るのでしょうか。

前話→アニメ「ACCA13区監察課」第11話「フラワウの花は悪意の香り」感想とまとめ

 

現在『Hulu』にて『ACCA13区監察課が絶賛配信中!』 
もちろんアニメだけじゃありません、国内外の映画にドラマ等、沢山の作品が揃っています! テレビでもスマホでもPCでも視聴可能!
まずは無料で2週間お試しできるそうです!

 

このような形でしか国を守れず

体調不良でベッドで寝ながら、国王がクヴァルム院長と話しています。

これが意味深な会話になっていて、クヴァルム院長は「このような形でしか国を守れず申し訳ありません」と言っていました。

他にも「最期にシュネーの子たちに会わせてくれて本当にありがとう」、「またお会いできる、このドーワーの、この部屋で」などといったことも話しています。

感が良い方ならもう分かってると思います。

「ACCA13区監察課」クヴァルム院長の手の中だった・・・ネタバレ注意

クーデター決行前夜

ACCA100周年記念式典とクーデターの前夜、それぞれの局が最後の打ち合わせをします。

ACCAの上層部、警察局等。

しかしグロッシュラー長官が体調不良だと会議を欠席しました。

グロッシュラーは、リーリウムの企みを知っています。知っているけど、この国の資源の9割を保有するフラワウ区の権力者であるリーリウム家に成すすべがないといった感じでしょうか、かなり顔つきが疲れていました。

そーですよね、リーリウムの企みを知ってながら、クーデターのまとめ役とされているんです。

出来るわけがないですよね、誰よりもACCAを、国のことを考えてる人なんですから。

 

スポンサーリンク

クーデター決行

ACCA13区監察課 シュヴァーン王子

引用:http://acca-anime.com/story/episode.php#12

クーデターのことを知らないのは王子側のみ。

王子の演説が始まると、クーデターが決行されました。

計画通りに、拳銃をもった兵たちが王子達を取り囲みました。

でも計画通りなのは、リーリウムではなかったんです。

リーリウム家以外の計画でした。

リーリウムの計画は、簡単に言うと、シュヴァーン王子の即位を阻止して、ジーンを立て、ACCAと国を動かし、フラワウがドーワー家の位置に立つことでした。

それがリーリウムのクーデター。

しかしここで出てきたのがモーヴ本部長です。この騒ぎをちょっとした寸劇だとし、もっと次期王として自覚を持ち、身の安全に努めて欲しいと語ったのです。

ドーワー家は平和の象徴なんだと、ACCAはそのドーワー家のもと国を守っていくと。

「我々は未来を王子にゆだねます」

王子は、大勢の民衆の前でそう言われてしまっては、ACCAの解体なんてとても言える状況じゃありませんでした。

「ACCAには末永く国を守ってもらいたい」

リーリウムのクーデターは阻止され、そして、ACCAの存続も約束されました。

acca13区監察課 ジーン

引用:http://acca-anime.com/story/episode.php#12

この計画は、ジーンが、コロレーでモーヴに王族の血筋だと知らされた時、そのコロレーで計画されたもので、この日までジーンはその計画の下動いていたんですね。

アーベントの正体

ACCA13区監察課 オウル

引用:http://acca-anime.com/characters/

判明しましたね、アーベントは監察課の課長オウルでしたね。

【ACCA13区監察課】オウル課長があの人では!?伏線と考察をしてみた 

オウル課長がアーベントだったんですが、ほぼ話が繋がり納得できました。

でも一つだけ未だに分からないのが、乗り物が苦手だとしたことです。

最後にタクシーに普通に乗っていますよね、本当は乗れるんです。何故でしょうか。分からない・・・

ACCA13区監察課 ニーノ

引用:http://acca-anime.com/story/episode.php#12

ニーノを役目から解放させました、そして好きなように生きろと。

そして二人は別れましたが、「また会うだろう」「どうせお互い好きなように生きるんだから」と言っています。

なぜ好きなように生きたら、また会えるんでしょうか、これは、2人が好きな事が共通しているんですね、ジーンやロッタという。

最後に

ACCA13区監察課、最終回となりました。

凄い壮大な計画でしたよね、こんなことできるのかと、しかもジーンとモーヴの二人で計画しました。

しかもその裏で操っていたのはオウル課長で、更に裏にはクヴァルム院長が操っていました。

もちろんジーンもモーヴも知りません。

でもクヴァルム院長にとっては計画通りだったんです。

漫画では、「うまく行きすぎて怖い」等といったセリフがあります。

ジーンが王族の血筋だという噂を流したのもクヴァルム院長でした。それを利用してのリーリウム家の一掃、シュヴァーン王子の即位+ACCAの存続でした。

クヴァルム院長は何者!?凄い!!の一言です!

ACCA13区監察課見逃し配信、無料で見るならこちら→ACCA13区監察課 見逃した人は、「Hulu」「U-NEXT」で無料で見れる!

スポンサーリンク

 この記事へのコメント

  1. タクヤ様
    こんにちは。
    「ACCA13区監察課」終わちゃいましたね。
    とてもいい終わり方だったと思います。

    ACCA13区監察課の各区の所長がジーンが王族出というのを知っていたのには吃驚しました。(おいおい隠さないのか??)でも、皆さん知ってても態度が変わらず良かった~~(^^♪

    コロレーからの計画だったという事に吃驚\(◎o◎)/!(ジーン役者やのう)
    モーブ部長がかっこ良かった!!(^_-)-☆

    マギーもご主人思いだったし、シュヴァーン王子とも和解。第一王女とも和解(ロッタちゃんってなんて心が広いんだろう・・・(T_T)/~~~)

    ACCA13区監察課」第9話「牙を剥く優美な黒蛇」で、オウルがアーベントだと確信しました。あの飄々として態で事を起こさずにロッタを救った手腕は流石! (最初は「グロッシュラー長官?(白髪だから)」かとも思いましたが、年齢的に無理がある?と思ってました。)
    見ていて何かとちょくちょく出てくるオウル課長にはなんか違和感がありました。ロッタに「乗り物に弱いからジーンに視察に行ってもらっている」と別に言わなくてもいいのでは・・・?と思ってましたし、新年のパーティーでもわざわざロッタにケーキ持ってくるし・・・。アーベントの事を全く知らなかった時点で、「この人何なのかな?」と。(ただの脇役でもなさそうだし・・・)

    「ACCA13区監察課」第8話「翼を広げた王女と友のつとめ」でのEDではアーベントの声優欄に名前がなかった!(ですよね?よ~く見ましたがなかった)という事は今までの登場人物の中にいた!という事)

    第10話「空のない街に降る星」での、アーベントの声をよ~く聞きました。意識してないと オウル課長の声を一緒の人とは思えない! 後にオウルとジーンとの会話シーンがありましたが、本当に同じ人とは思えなかったです。

    ただ、私だけが思ったのかもしれませんが、最後のニーノとの会話。前のニーノとの電話の時の声とニーノとの対面会話では声がオウルよりになっていたように・・・(-_-;) アーベントの声をもっと強調して欲しかった(?)

    タクヤ様が 「タクシーには乗れる」とありましたが、ジーンに視察に行かせなければいけないので、「乗り物に弱い」と嘘をついていたのだと思いますが・・・
    ジーンの異動願い届けを破きますが、まだ手元に置いておきたいという事でしょうか?(ある意味保護者ですからね)

    最後のEDでロッタと国王様が一緒のシーンがあって良かったです。

    後、クヴァルム枢機院長はすごい人でした!

    私は京都なのですが、大阪でACCAのコラボカフェが開催されるので行ってみようと思います。

    こちらのサイトに来れてとても楽しかったです。
    有難う御座いました。

    • takuya より:

      HIDAKAさん
      こんにちは!
      終わっちゃいましたねー!
      モーヴ本部長、僕もお気に入りです。(^^)美しい~ グロッシュラーとくっつくのかなー、最終話のグロッシュラーの表情が全然違ってましたよね、かなり柔らかくなってました。

      あの白髪、ですよね、グロッシュラーかと最初は思いました。 ニーノがクロウとして、グロッシュラーに電話してすぐにアーベントへ電話するシーンがあるんですね、なのでグロッシュラーは違うんだなとそこで分かりました。

      声まで確認されるとは!HIDAKAさん、凄い、細かく見られてますねー!僕はそこまで見れなかったです・・・
      オウル/アーベントの声優が上田耀司さんってのは、やはり何役もこなせるってことで抜擢されたんですかね!

      「乗り物に苦手」、なるほどー!そうですね、ジーンに行かせる為っぽいですね!
      異動願いは、おそらくそうですよね、いつもオウルの所で破られて、上には行ってなかったんですよね。アーベントとして、自分の目の届くとこに常に置いておきたかったから。

      クヴァルム院長はほとんど目立たなかったけど、最初から最後まで彼の計画通りだったってことなんで、恐ろしいほどのやり手ですよ!もう!

      コラボカフェうらやましいです!自分は岐阜県の田舎で、近くにないです・・・ 楽しんできてくださいね!

      サイトを楽しんで頂き、本当に有難うございまいました!!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TVアニメ化記念「ACCA13区監察課」ミュージアム・オノ・ナツメ先生サイン会

ACCA13区監察課1巻4ページ

「ACCA13区監察課」の見どころ、ムギマキの食パンやおやつ等キーアイテムを紹介

ACCA13区監察課 ノット

TVアニメ「ACCA13区監察課」ノット役の声優 前野 智昭さんとは?

全国の書店で特性シールがもらえる!「ACCA13区監察課」TVアニメ化記念合同フ...

オノ・ナツメ イラストメッセージ

アニメ【ACCA13区監察課】の原作者 オノ・ナツメとは

ACCA13区監察課 レイル

TVアニメ「ACCA13区監察課」レイル役の声優 八代 拓さんとは?