【ACCA13区監察課】4巻 第22~23話の感想、ネタバレあり まさかの展開!ジーンが・・・だった。

ACCA13区監察課4巻表紙 モーヴ

クーデターはまだそれぞれがバラバラに考えまとまっていない、みんなどうしたらいいのか探りあっている様子。

そしてニーノの謎がちょっとずつ見えてきました。

それから綺麗な若い女性の肖像が意味するものは。

20話~21話はこちら→ACCA13区監察課漫画 第20話~21話の感想、考察、ネタバレもあり

 

ACCA13区監察課見逃し配信、無料で見るならこちら→ACCA13区監察課 見逃した人は、「Hulu」「U-NEXT」で無料で見れる!

スポンサーリンク

第22話 コロレーで不意に出会う真実

ガラスの涙

モーヴへの報告をしたくてムギマキで待つが今回もモーヴは来ない。

来たのはポチャード副本部長。

ジーンはモーヴ本部長が忙しいのか聞くが、そうでもないと返答が・・・

ACCA13区監察課4巻119ページ

出典:ACCA13区監察課4巻119ページより

ジーン「・・・避けられてる?」 

雪の玉を食べるジーンとロッタ

みんな自分の区が一番好きだろうなとの話に。

次の視察はモーヴ本部長の出身区、コロレー区へ行く

ロッタ「チョコレート買ってきて!」「コロレーはチョコレート!」

ジーン「ニーノも絶対来るな・・・」 (いつもケーキも食パンもチョコレート味だからね)

グロシュラーへ報告するニーノ、

更にグロッシュラーへ報告したことを誰かに報告する。 (怪しいのが大家さんだが、その大家さんがもしかしたらあのお方か。)

・・・

「・・・ドーワーですか?」「よかったとしか言葉が出ません」

・・・

「・・・疲れが抜けなくなってきましたよ さすがに」「うまいチョコでも喰わないと」

「30年か・・・」「・・・歳とったよなあ」(この30年が意味不明なのです、30年前はニーノもまだ子供だと思うんだけど・・・)

ACCA13区監察課4巻127ページ

出典:ACCA13区監察課4巻127ページより

視察先へ向かうジーンをモーヴの秘書たちが見つめていた。

・・・

モーヴは秘書の調査からある事実を知る。

一つはジーンがクーデター派の橋渡し役になっている噂、

もう一つは・・・

ACCA13区監察課4巻134ページ

出典:ACCA13区監察課4巻134ページより

秘書から自分の噂について報告を受けている可能性もあるなと思うジーン、

モーヴに説明出来る機会があるかな・・・ と心配そう。 (最近すれ違いなのか、避けられてるのか、役に立たないとか言われたり、関係がよろしくないし、ジーン・・・(涙))

コロレー区支部長、グリーズ

「他の区では”接待”も多かったと思います」(橋渡し役としてのジーンからそれぞれが他区の情報を知知りたくてジーンに取り入る為の接待か)

・・・

「区長も我々も思いは定まっています」 (クーデターのことをジーンには当たり前のように話している感じ)

ジーン「コロレーにいると男は肩身がせまい」

コロレー支部駐在リーダー、ラルース「女性たちが少々優位なだけです・・・」

・・・

ラルース「国王様はお元気でいらっしゃるのでしょうか?」

・・・

「やはり皆々が気にしております」

「ACCAの行先きです」「次代に移った時どう変わるのか・・・」(バカ王子とは言え、次代の国王・・・ みんな心配しているんだな)

シュヴァーン王子は伯母様の部屋へ、昔話を聞きにと来ていた。

シュヴァーン王子「33年前お亡くなりになられた・・・」「妹御であらせられた」

「第2王女のことを」 (33年前ってことは、マギーと隊長が話してた、船が沈んだという事件だよね)

ジーンはお土産のチョコを探してしると、モーヴ本部長と出会う。

モーヴ本部長「君にまつわる報告を受けた オータス」

・・・

「君は王族の人間だ」「王位継承権筆頭の」(ジーンも読者もまさかの展開・・・ でもこれで少し繋がったかも)

ACCA13区監察課4巻146ページ

出典:ACCA13区監察課4巻146ページより

スポンサーリンク

第23話 コロレーの橋の上で、二人

マケドニア 橋

「やはり君は知らなかったか」

歩きながら話す二人、それを陰からニーノが監視している。

ACCA13区監察課4巻149ページ

出典:ACCA13区監察課4巻149ページより

モーヴはジーンがクーデター派の橋渡し役と王族の出だという情報から、ジーンは「利用されている」という疑念を感じた。

ジーン「・・・そうです」

モーヴ「信じよう」「君が嘘をつけない男だということを私は分かっている」 (モーヴ本部長は鋭いですね、女性の感てやつでしょうか)

・・・

先日「役に立たん」と言い過ぎだったと詫びるモーヴ

モーヴ「報告すべきだったことはあった」

スイツの件など、グロッシュラーがクーデター派の疑念が掛かっていること。

モーヴがグロッシュラーを尊敬していることを知るジーンは言えなかったことも間違いではないが、しかし別の理由があった。

ジーン「グロッシュラー長官は違います」「そう思ったので報告しませんでした」

モーヴ本部長に話しても、それは手柄ではなかったと。

ACCA13区監察課4巻157ページ

出典:ACCA13区監察課4巻157ページより

(ジーンもグロッシュラー長官には過去のこともあるし、モーヴの尊敬の念に共感しているとも言っていたし)(グロッシュラーもまた利用されているのかも、ACCAの長官という立場を)

ジーンはモーヴに自分のことを聞かない、それはニーノに語らせるようだ。

シュヴァーン王子とマギー

ロッタを調べている理由は惚れたわけじゃなかった

シュヴァーン王子「ボクの邪魔になる存在なのかどうかを・・・」

・・・

「あの娘は第2王女の血を引いている おそらく」

「王女は33年前本当に亡くなったのか・・・」

「肖像の間のあの16歳の王女にあの娘は生き写しだ」 (ジーンとロッタの両親が亡くなった列車事故は13年前、生き延びていたかもしれないということか・・・)(ところでシュヴァーン王子は式典の時に一目見かけただけで悟った・・・すごい感をもっている・・・

ロッタは女、自分は男だから継承権は変わらないと笑う王子だが、

マギーから、兄がいることを知らされる。

シュヴァーン王子「そんな小娘など どうでもいい!」「・・・その兄とやらを調べて来るんだ!」

ACCA13区監察課4巻164ページ

出典:ACCA13区監察課4巻164ページより

マギーは調べには行けない、隊長から王子の側を離れるなと言われているから。

33年前、王女と共に海底に沈んだ御付の隊士のように常に側にいろと。

その隊士の名前は「アーベント」 (彼がジーンとロッタの・・・)

ニーノ「ジーンは知りましたよ」

・・・

「私は話します」「巻き込まれる理由を知った以上はもう話していい時なのでは」

・・・

「あなたから話しますか?」「クヴァルム院長に相談する時間はありませんよ」 (枢機院長に相談できる人物だということ)

ジーン「電話はもういいのか?ニーノ」

・・・

ニーノ「長い話になる」

ジーン「・・・聞かせてくれる?」

ACCA13区監察課4巻170ページ

出典:ACCA13区監察課4巻170ページより

感想

なんとジーンは王族の出でした、しかも王位継承権筆頭の・・・

それをモーヴから知らされる。

つまり、バカ王子を王座につかせたくないクーデター派が、密かに王位継承権を持つジーンを利用してなにかを企んでいるというとこでしょうか。

そしてニーノはどうも王室と繋がっており、王位継承権のあるジーンを監視していた感じです。

前回にも書いていましたが

次代に王位継承を明言しない国王、ニーノは国王に礼を言われ感を受けていた、そしてそれを上司としてたとえ話にしていた。

まさかの国王が・・・ジーンを調べさせていたのかな。

完全に僕の憶測です。

NEXT→5巻 第24~25話の感想、ネタバレあり ついに判明!ニーノ30年の謎

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ACCA13区監察課3巻表紙 グロッシュラー

【ACCA13区監察課】 3巻 第15~17話の感想、ネタバレあり ついに気付い...

ACCA13区監察課

アニメ【ACCA13区監察課】各局の放送日時が決定!ビッグガンガン新連載「ACC...

【ACCA13区監察課】6巻 第34話の感想、ネタバレあり まさか!?ジーンがク...

ACCA13区監察課2巻16ページ

【ACCA13区監察課】2巻の伏線と考察 大切なジーンとロッタ

【ACCA13区監察課】6巻 第32話の感想、ネタバレあり 食パンを買い込む一大...

漫画「ACCA13区監察課」名言・名シーン集 「もらいタバコのジーン」