【ACCA13区監察課】6巻最終回の伏線と考察 本当の作戦

ACCA13区監察課6巻242ページ
ACCA13区監察課6巻2ページ

出典:ACCA13区監察課6巻2ページより

「ACCA13区監察課」6巻が最終回の巻になります。

今までの伏線の回収や、クライマックスのクーデターに向けてまでの伏線だったり、が詰まっていました。

伏線や気になったとこだったり、考察してみます。

他の巻の伏線、考察はこちら
1巻の伏線と考察 優秀なジーン

2巻の伏線と考察 大切なジーンとロッタ

3巻の伏線と考察 食パンが語る

4巻の伏線と考察 判明!ニーノの上司

5巻の伏線と考察 リーリウム家の思惑とは

スポンサーリンク

水は私がお持ちします

ACCA13区監察課6巻8ページ

出典:ACCA13区監察課6巻8ページより

プラネッタでの視察の時、この区では地下暮らしで車が使えないため、徒歩でデータの回収だったりをします。

そして視察へ出掛けようとしたときのロクステッラのセリフです。

「水は私がお持ちします」

普通に聞き流してしまうセリフなんですが、実はちょいちょいロクステッラはジーンに気を使っているんですね。

ジーンにもその辺りをつっこまれます。
「変なところで俺に気を使ってるみたいだな」「俺は君たちと同じだからね」

今まで色んな区がジーンにあやかろうと接待などをしてきました。でもロクステッラは監察課の駐在員リーダーなので、ちょっと違います。

後に分かることなんですが、ジーンが王家の血を引いていることをロクステッラは知っているんですね。(リーダーの中ではロクステッラのみ知っていた。)

ジーンが次期王位継承者として担がれていることも。

つまりロクステッラはジーンを王族の人間とみて気を使っていたように思います。それを見破ったジーンが「俺は君たちと同じだからね」って言ったんでしょうね。

半年で13区を視察しなくてはいけなかった理由

ACCA13区監察課6巻35ページ

出典:ACCA13区監察課6巻35ページより

1巻でジーンはオウル課長より、半年で13区を視察するように命じられるんですね。その時は長官からのお達しのような言い方でしたが、この最終巻でちゃんと理由などが判明しました。

上の写真のシーンで言ってますが、「100周年式典の前に終えておかねばならなかったから・・・」

半年間、オウル課長はジーンの行動を操ってたんです。この100周年式典に起こることに合わせて。その式典で何が起きたかは、こちらで詳しく見て頂きたいです。

【ACCA13区監察課】6巻 第36話の感想、ネタバレあり ついに決行!クーデターは成る!?

【ACCA13区監察課】6巻 最終話の感想、ネタバレあり 全てはあの人から・・・ アーベントの正体は!?

オウル課長は知っていたんです、もう半年も前から何が起きるのかを。むしろ起こすために組んだスケジュールだったんですね。

何を”忘れている”か?

ACCA13区監察課6巻55ページ

出典:ACCA13区監察課6巻55ページより

ジーンが視察から帰ってきてからモーヴ本部長のとこへ報告にきていない件で、モーヴとグロッシュラーが話しています。

その時にグロッシュラーから報告に来ない理由を聞かれて、モーブが「忘れている ということはないでしょう」と答えています。

この”忘れている”って言葉に何か意味があるんじゃないかと気になってしまいます。単純に報告を忘れているって意味だけではないと。

クーデター決行の式典までの作戦をジーンとモーヴはコロレーで会ったときに決めていたんですね。その作戦に掛かってるんじゃないかと思いました。

ただその作戦をグロッシュラーも共有してたらの話です。グロッシュラーは全容を聞いたのは決行日前夜ということを語ってるんです。その全容とは何なのか。

グロッシュラーはどこまで知っていて、どこまで知らないのか。この辺りがあやふやになっています。

全容とは”作戦”のことなのか、”リーリウム家”のことなのか。

リーリウムは国のことを誰よりも考えています

ACCA13区監察課6巻66ページ

出典:ACCA13区監察課6巻66ページより

リーリウム長官のことを、その兄弟がこう言います。

「ただ国のことを誰よりも考えています」

勝手な解釈かもしれませんが、リーリウムの企みは最終的にフラワウ区がドーワー王家のような位置になること、つまり国を支配したかったんですね。

国のこととは”フラワウ”のことを指しているんじゃないかと思いました。

最後の方のシーンではフラワウ国って言葉も出てきます。

フラワウの印象づけ

ACCA13区監察課6巻72ページ

出典:ACCA13区監察課6巻72ページより

フラワウ区のことを”怖い”区だと、至る所で印象づけられます。

クーデターの首謀者の区でもあり、特別な区だということをかなり色んな方向から語られています。

区民の表情、カナリー局員の変わりよう、暗殺者達のセリフ、ニーノからも。監察課の3人の女の子からも出てきます。

私たち・・・

ACCA13区監察課6巻111ページ

出典:ACCA13区監察課6巻111ページより

クーデターを起こすことに、リーリウムがジーンに言った言葉。

「心配しなくていい これから詰めていけばいいんだ」「あなたには”私たち”がいる」

これ、ジーンは知ってるが、リーリウムは知らない本当の作戦があるんですね。この”私たち”と言っているリーリウム自体に実は誰もいなかったと。

スポンサーリンク

 

大丈夫の意味

ACCA13区監察課6巻137ページ

出典:ACCA13区監察課6巻137ページより

ジーンがモーヴ本部長のとこへ呼び出され、最近報告がないこと、リーリウムに先に会っていたことなどを話した後モーヴがジーンに言います。

「大丈夫だな?」

これはもう何か含まれてる感が満々です。その後モーヴはグロッシュラーにも同じように聞きます。

リーリウム家の思惑を抑え込む作戦決行は大丈夫だな?ってことじゃないかと思いますね。

クヴァルム院長だった・・・

ACCA13区監察課6巻159ページ

出典:ACCA13区監察課6巻159ページより

クヴァルム院長が国王に話していました。

「またお会い出来ます ここドーワーのこのお部屋で」「あともう少ししたら」

クヴァルム院長が知ってることですよね。でもそれは当たり前だったんですね、最後にこう言ってます。

「思い通りに事が運びすぎて さすがに自分でもこわいな」

思い出しました、そーいえば、クヴァルム院長が怪しいことを言ってた時あったなーと。最初から最後までこのクヴァルム院長が仕掛けたことだったってことですね。

護衛の人数

ACCA13区監察課6巻164ページ

出典:ACCA13区監察課6巻164ページより

シュヴァーン王子の護衛の人数が少ないことが語られるんですが、枢機院が王子を見捨てたんじゃないかって語られています。

この辺りからもクヴァルム院長が匂わせてありますよね。

そしてこの護衛の人数を利用した話で、うまく王子を誘導しACCA存続へ仕向けました。

気になるとこが、ジーンとモーヴが決めた作戦がどこまでクヴァルム院長が関わっていたかです。直接は関わってないと思いますが、間接的には何か絡んでるんじゃないかと。

”怖いくらい思い通り”なんで、そーゆー作戦が立つ仕向があったんじゃないかと。

ニーノの笑みが安心させる

ACCA13区監察課6巻198ページ

出典:ACCA13区監察課6巻198ページより

ジーンが王族の血を引いていることがバレそうになった時です。

見に来ていたロッタの真横にニーノがきて軽く笑みを見せるんです。ロッタは、兄であるジーンが王族だとバレたら妹である自分もバレることになり、どうなるか不安だったと思います。

でも全てを知っているニーノが横に来て笑顔をしているんなら安心できますよね。問題ないってことを無言で伝えれてると思いました。

いいシーンですよね!

アーベント

ACCA13区監察課6巻242ページ

出典:ACCA13区監察課6巻242ページより

アーベント=ニーノの上司=オウル課長でしたね。

最後で語られました。

そしてオウル課長の口から語られました。ジーン、ロッタを巻き込んでのリーリウム家の計略の一掃を考えたのは全てクヴァルム院長のお指図だったと。

それからバードンでドーワーのケーキを食べさせてくれる主人と、ドーワーの雪の玉の店の主人、彼らもオウル課長よりの指示で働いてたみたいです。

ジーン、ロッタにドーワーの味を味わせるためでしょうか。

僕が謎だった髪の毛は染めていましたね。(笑)

こちらをご覧ください。
オウル課長があの人では!?伏線と考察をしてみた

最後に

最終巻はボリュームもありましたし、伏線やちょっとした気づきなど拾いだしたらもっと沢山出てきそうです。

今までの全てに何か意味が有りそうで見落とせません。クヴァルム院長はたまにしか出ていなかったんで最初に怪しんでたことを忘れてました。

オウル課長に関しては凄いですよね!しっかり作り込まれてるって感じです!

ジーンとモーヴの作戦もギリギリまでジャブ程度でしか匂わせてなく、わかりませんでした。ジーンが何か考えてるような雰囲気は出てましたけど思いもつかないことでした。

個人的にクヴァルム院長とオウル課長のやり取りを見てみたいです。今ビッグガンガンで連載している「ACCA13区監察課P.S.」で描かれないかなー。期待!!

ACCA13区監察課見逃し配信、無料で見るならこちら→ACCA13区監察課 見逃した人は、「Hulu」「U-NEXT」で無料で見れる!

「ACCA13区監察課」最終巻のあらすじや感想、ネタバレはこちら
6巻 第31話の感想、ネタバレあり プラネッタでタバコはもらうのか?

6巻 第32話の感想、ネタバレあり 食パンを買い込む一大事とは!?

6巻 第33話の感想、ネタバレあり まさか彼が暗殺者の手に!?

6巻 第34話の感想、ネタバレあり まさか!?ジーンがクーデターに加担する!?

6巻 第35話の感想、ネタバレあり え?あの2人が付き合ってる!?

6巻 第36話の感想、ネタバレあり ついに決行!クーデターは成る!?

6巻 最終話の感想、ネタバレあり 全てはあの人から・・・ アーベントの正体は!?

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ACCA13区監察課のみどころの一つ 各区の制服や特徴

ACCA13区監察課5巻表紙 リーリウム

【ACCA13区監察課】5巻 第28話の感想、ネタバレあり 何かもっている!課長...

ACCA13区監察課1巻表紙

「ACCA13区監察課」とは アニメ化が決定 2017年1月スタート

ACCA13区監察課4巻表紙 モーヴ

【ACCA13区監察課】4巻 第20~21話の感想、ネタバレあり まさかあの人が...

【ACCA13区監察課】番外編を紹介!家庭的なノットさん でも謎は深まる!?

ACCA13区監察課オウル

【ACCA13区監察課】オウル課長があの人では!?伏線と考察をしてみた